ロングトーン練習:体内共鳴、息の流れを意識し、インスピレーションを持って!

今回はロングトーンのお話です。

どんな上級者にも必要な時には滅茶苦茶意味深い練習にも関わらず、興味ないとつまらない練習の代名詞。それがロングトーン。

ロングトーンといえば、モイーズ : ソノリテについてが一番使われている本だと思われます。こちらのブログの音の練習カテゴリで何度も紹介されています。

音を出すのもそうですが、初心者さん、特に楽器経験のない大人の方などは、指を思い通りに動かすのも中々難しいようです。腕&指に力が入る→肩に力が入る→息がブロックされる→音が出ない(皆さんも肩に力入れて話すー脱力して話すと声が変わるので試してみてください)。

自分が若かりし頃、ロングトーン練習に興味を持つようになるまでに年月を要し、当初は吹きながら寝てました。半分夢見ながらフと気づいたら、ロングトーン練習が終わってて、あれ?終わってる?って目が覚めるっていう典型的なダメ練習。当然睡魔との戦いの練習は意味がありません。

しかし大人の最大の武器は忍耐力です!何より指を動かすという作業を一つ減らすことで、音に集中できるという利点が!

さて、今回は教本は使わず、基本的に息の流れや質、体の中の響きなど見えない所にも意識してもらって、楽譜に縛られず、とりあえず出せる音を思うがままに出して、次の音に行きたくなったら適当に行ってくださいという練習。


息の流れの意識とは、お腹から息が出てきていることを意識するということです。無理して大きく吸うわけではないですが、なるべくタップリ吸います。その後、噴水のような息の流れを意識します。噴水は水が真ん中から出ていますが周りの水はなくなりません。シューッとお腹がへっこんでいってしまうのではなく、お腹をどっぷりゆったり保つつもりで、噴水のように真ん中の管を通って息が出てくるようなイメージを持ちます。

また他のイメージでは、息を吐きつつ、自分の中に息を吐いていってるようなイメージを持つというのもあります。エレベーター呼吸法の応用です。


次に体内共鳴ですが、低い音の時は低い声を出すが如く、胸骨のあたりに”おーーー”(←すごいと感嘆した時のオー)と響かせる感じです(実際声を出してみましょう)。胸骨が振動します。発声法が音作りには参考になります↓ 喉を下げる。



高い音のときは逆に、頭蓋骨の鼻の穴から息が通って、後頭部あたりまで響いてる感じです。鼻骨を振動させて…って言われてもフルート吹きながらよくわかりませんよね。ハミング練習法ビデオの中で鼻骨の意識が言われてますが、こちらも参考になります!




ビデオの中では”顎の力を抜く”ということが何回も言われてますが、確かにその通りだと思いました。またまた頭蓋骨を意識してください。下顎骨と側頭骨の接続のあたりは、緩やかに開いてる感じです。


こと高音域を出そうと思うと、力んで出そうとする人が多くいますが、大事なのは息の圧力からくるスピードアップと息の方向です(この件はまた今度)。口の中を狭めるのではなく、逆に広くすることを意識します。”共鳴”は力んでいては出来ません。


息の流れや体内共鳴を意識しながら長い音を吹いてると、殆ど瞑想の世界です。とにかく、あんまり頑張らないで、心地良いなぁって思いながら鳴らしてください。気張っている音よりも、心地よく吹いてる音は聞いてても気持ち良く、ともすれば、だんだんと小川の流れる音や、鹿威しの音が聞こえてくるような、そんな幻想の世界へと導かれます。


基礎練でも!”音”は常に生きてなければいけない!インスピレーションを得ながら心地よく練習することが重要です。基礎練はメソードを使うのもあり、ついつい論理に走りがちになってしまいます。工夫して、基礎練習からインスピレーションを得て、常に生きた音で練習しましょう!


どんな基礎練習にもインスピレーションがなければ音楽には繋がらないだけでなく、寧ろ、それが安定した実用的な音なほど「つまらない音楽」に繋がる危険性を含んでいます。安定したニュートラルな音というのは、目的があるならば時には重要ですが、常に自分をインスパイアした練習方法を考えてみましょう。

例えば、アルペジオの練習をするのに、どの音もシッカリ均一に鳴らしましょうとは言われるかもしれません。音程に気をつけろとも言われるでしょう。どちらもある視点からは大事です。が、和音のイメージを持つことも大事です。ドミソの和音と、ラドミの和音が同じ音色で鳴るというのは機能上は知りませんが、音楽上には有り得ないことです。アルペジョ練習練習に例えば鍵盤楽器で和音を入れて、和音の感覚を持つというのは王道練習法ですね。チューナーで基音を鳴らすのも良いかと。


一音だけのロングトーン練習も、考えてみてください。例えば、大太鼓がドン!っとなった後に出そうと思う一音と、鈴がチリリンとなった後に出そうと思う一音と、風がサーッとふいた後に出したい一音と、弦楽オーケストラがバックにあるときに出す一音・・・全て違う音になるというのは、想像が付きます。想像するだけでなく、実際に効果音を入れてみるのも良いと思います。他にも長い間響いてくれるような打楽器を使うとか・・・


ヴァイオリニストの夫は、音の練習では生徒に楽譜を読ませないそうです。全て自分の耳と体に集中するためです。夫も丁度12音階のチャイムなどを使って、音の練習をさせようかと思っていたと言っていました。音程が合うと振動して共鳴してくれるので。↓写真のような


基礎練に楽しさ&心地良さを見つけることこそ上達の秘訣!先生方は、生徒にインスピレーションを与えてあげましょう!


口笛で吹き口を鍛える。吹き口(唇)をセンシティブに。

教本紹介ページでも紹介しているトレバーワイさんの音作り教本 にも出ている「唇のしなやかさ」


音作り、すべてのテクニックの基本は「息」にあると思うのですが、しかしながら唇のしなやかさはとても重要です。ppが欲しい時(こと高音域で)、跳躍を演奏する時・・・何かと必要なのは、唇のしなやかさだと思います。


さて、そんな唇のしなやかさ。


どうやってゲットするかというと、トレバーワイさんの教本に載っているようなアルペジョ的エチュードを熟すという方法もあります。

どうやら改訂版CD付きが出ているようですね。

 
トレバーワイさんの基礎練習教本 第1巻

というか、多分この方法は唇のしなやかさを鍛える以前に色々な意味で役に立ちますので、是非やりましょう。他ライヒャルトのエチュードなども、ヴァンサン・リュカさんの下でたくさんやらされました。


さて。

表題にある通りですが、その唇のしなやかさ、吹き口を整える(唇の穴の空いてる部分)という良い練習方法で、「口笛」があります。ピッコロを吹く人にも大変おすすめです。ピッコロはフルートより歌口(フルートの頭部管の穴)が小さいので、自分の唇の穴もよりセンシティブな方が良いのです(フルートの3オクターブ目を吹くようなアンブシュアで吹いてはいけないのです!)


ビデオの方うまいです。でもフルート吹ければ、結構口笛は行けるのです。



お気づきかもしれませんが、この方結構ブレスしてるんです。それだけ口笛も息使うんですね。お腹の支えが重要そうです。

私たちの目的は口笛を上手く吹くことではなくて、口笛を使って、フルートが上手くなることです。フルートを練習出来る時間は限られていますが、口笛なら夜でも騒音って言われないですしね。


吹き口を整える練習に口笛を使おうと思ったら、ヒョットコにしないで吹くのが重要です。 (フルートを吹く形よりは、もちろんヒョットコになります)ヒョットコやほっぺ膨らむ口笛奏法だと、綺麗な音も出ないです。


唇全体の形はそんなに変わりません。 ビデオのこの方止まりくらいかな。


吹き口はとってもセンシティブ。その感覚をより一層磨くことで、色んなテクニックが可能になってきます。私は特に、ppの低音(大きな音が出ないからppではなくて…)、ppの高音がずっと出しやすくなる気がします。現代テクニックのホイッスルトーンもやりやすくなります。

とりあえずは、低音から高音までの音域をまず広げる練習。

唇の穴は空いてるのか空いてないのか…くらいな感じです。フルートと同じで高音は小さめの穴、低音は大きめの穴になりますが、実際の見た目の差は極僅かです。 感覚では結構変わるかもしれません。


低音域もあまり吹き口が大きくなりすぎると音にならなくなってしまいます。 外は広くしないで口の中を広く保つ。不思議なことに、これもお腹からの支えがあると低音も出やすいです。

 何かに感心・感銘して

「 おーー」

っていう時ありますよね。その「おー」はかなり低い声で、胸骨辺りに反響しています。
 フルートで低音を吹く時もその感覚です。フルートの管体だけではなく、自分の体内共鳴も使うわけです。フルートだと低音の”音量”でわかりますが、それが口笛だと、あからさまに出る音域に影響してくるので、練習すると楽しいですよ。


高音域はフルートのように口を横に引っ張ってしまっては音が出なくなります。頼るべきは口の横引っ張りではなくて、吹き口のセンシティブさなのです。慣れると、実は難しいって思われる(実際難しい)フルートの高音域ppも、まるで口笛でも吹いてるかのような感覚です。もちろん息の支えとのコンビネーションによって可能なのですが。


口笛なら、蛇が出るぞ・・・と言われない限り、夜でも練習出来ますし、さりげなく色んなところで練習が出来るので是非試してみてください。


この記事を書いていて気付いたのですが、低音の練習については書いていませんでした。現代奏法のホイッスルトーンについても書いていきたいと思います。


目次一覧へ
教本一覧へ
ベルギー発子供用教本へ

KANDA NOZOMI MUSIC  ホームページ
KANDA NOZOMI MUSIC  フェイスブック


人気ブログランキングへ一票
にほんブログ村クラシック部門へ一票

フルートは音痴?ー音程を気をつける

気がつけば10万以上のサイト訪問があったようです。ありがとうございます。上達の上での何かしらの参考になっていれば幸いです。

さて、タイトルの音程のお話。以前にもアンサンブルのテクニックで書きました。


横に吹く笛というものは、フルートに限らず、歴史的に万国共通で音痴楽器らしく、イタリアバロック時代の指揮者が「フルートは音痴だから嫌になる」と言ったとか、三味線唄の方に「笛吹きさんは音を外されるので唄いにくい」と言われているなどという語録が残されています。

万国共通、歴史的に深い、この笛吹き音痴。


「楽器が悪かったんだ、楽器が。今のフルートは改良されて音程もバッチリだよ」


と皆さん仰るかもしれません。しかし残念なことに、フルートという楽器は現在のモダンフルートになっても、音程というのが実に厄介な楽器です。


初心者が最初から音程に気をつけるのは結構至難の技です。というのも「正しい音程で演奏する」ということが、ある程度の技術がないと難しい楽器だからです。

概して、高音域はべらぼうに高くなり、その音域の音程を合わせるために頭部管をうんと引き抜くと低音域がべらぼうに低くなります。口に頼らずお腹からしっかり吹くこと、脱力すること・・などで段々解決されては行きますが、そう簡単にはいきません。


個人的経験では、部活などで音程を合わせようと、縦の線(和音)を気をつけることは最初の頃から気をつけていたようには思います。合奏で和音が合っていないと気持悪いですからね。それに関しての練習方法は以前のアンサンブルのテクニックで練習方法を読んでください。和音感覚を身につけるという意味での練習方法を書いてあります(複数でもできる方法など)

しかし一人(とピアノとか)で演奏する場合には意外と歌心やら、音色やらには注意しても、そこまで音程に気をつけていないこともしばしば。ある程度の音程は楽器に頼れても、音程は気をつけるべき課題です。でないと、折角素敵に音楽的に吹けていても、気持込めて歌えば歌うほど音程が上ずって何となく下手・・・なんてことに。


そんな音程の問題がリアルに響くのが「バッハ」だな最近思いました。


というのもバッハを練習してるからなんですが(笑)


…もちろんどんな曲でも音程が悪ければ気になりますが、基本的な音の跳躍と音階のオンパレードのバッハは覿面です。そんなに高音域はないのに(笑)


一度フルートを置いて、鍵盤楽器なり、チューナーなりと音程に非常に注意しながら歌ってみてください。あらー、こんなに音離れてたのね、高音ここまで高くなかったのね・・・とか、色々発見があるかと思います。


さて、自分の笛は音痴だった・・・と気付いたところで、どうやって練習するか。


・まずは歌えるようにしてみる(ゆっくりでOK) 時々鍵盤を外して歌ってみると、自分の音程の良さが(!)わかる。↓下のように、主要な音だけとって歌っていくなど・・・




・通奏低音と練習する(録音したりして)


・スラーで練習する。たっぷりした良い音で。唇のしなやかさを得るにはとても良い(疲れる)訓練。バッハに限らずテレマンファンタジー独奏など、跳躍が多くあります。バロックフルートの方がモダンよりも楽に跳躍が出来るというのも要因かもしれません。跳躍が続くと、アンブシュアの条件が悪くなる…などで、吹くことそのものがしんどくなり、どんどん音程が適当になってきてしまう原因になります。唇のしなやかさは、息の安定は重要な点ですし、そんな調子外れな音程を耳が「気持ち悪い」と思ってくれるように、耳の訓練をしましょう。



これをゆっくり自分の音程がしっかり聞ける範囲でやってみると、うーん、なんだか違う曲に聞こえてきた・・・。なんてこともあるかもしれないです。


とはいえ、バッハの時代にはこれをバロックフルートというさらに音程的には不安定な楽器で演奏していました。だから音程が悪くても良いのですと言いたいのではなく、音程がカッチリ合えば良いのかというと、そういうわけでもないという、音楽の不思議もあるので、そちらもお忘れなく。




にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ