難しいパッセージが出てきたら

夏の講習会が全て終了しました。

ディナンの方はアンサンブルを見る機会が多かったので、その時に思った事などをまた記事にしていきたいと思います。南仏の講習会のフルートの先生はパリ管、パリ・オペラ座と並ぶ名門オーケストラ、トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団のピッコロ首席のクロード・ルビシュさん。レッスンをちょっと見学させてもらったら面白い事を言っていたので、こちらも少しずつ記事にしたいと思います。

さて、タイトルの難しいパッセージ。ここでは、運指が難しいパッセージということです。
曲中に出てくる難関パッセージ。難しい所は少なければ、短ければ嬉しいかというとそうでもなく、オーケストラでも何十小節休んで、いきなり難関パッセージなんて所は実はとても難しい。

ルビシュさんは何度も”指でアーティキュレーションを付けるつもりで”と言っていました。以前、ヴァンサン・リュカさんのレッスンでも「指でも歌うように」と言われたのを覚えてます。ピアノと違い、直接指で音を出すわけではないフルートも、指は全く関係ないとは言えないようです。

ルビシュさん曰く、指でしっかりアーティキュレーション(歯切れとでもいいましょうか)を付けるつもりで吹く事で、より一層指のコントロールが確実になるということでした。彼はピアノと同じように、しっかりしとしたタッチで、生徒の腕にタタタタ・・・と打つようにして説明していました。すると、生徒のフレーズの確実性と、アーティキュレーションのクリア度が確かに上がりました。確実なタッチで歯切れよく指を動かそうとすることで(力を入れるとはまた違いますが)、舌で作るアーティキュレーションとも自然と合うのかもしれません。

初心者のうちや、中級者くらいだと指の動きに無駄な動き、乱れが生じています。ディナンの講習会では、手首から動かしてしまう子がいて、指の動きの滑らかさの面でも、指と舌を合わせる上でも不利になることを教えました。しっかり確実なタッチ(見た目にも美しい)を目指すと、余分な動きは自然と取れて行くような気もします。

そして難しいパッセージの秘訣第二段は、息をしっかり吐く事。難しいと思うと息が止まってしまう事がよくあり、難しいからこそシッカリ息を吐く事と言っていました。以前の記事”いつでもどこでも音の練習”のアイデアに似た所がありますが、音が出てなければ折角指が動いていても美しくは聞こえないのです。一つ一つの音がしっかり鳴るように、しっかり息を吐く事と何度も言っていました。

ちなみに以前書いたと思いますが、タンギングの際には更に多くの支えとしっかりした息を送る事とルビシュさんも言っていました。これは、自分で発見した原理だったのですが、他のフルート奏者さんも言うと言う事は、合っていたのだなと確信しました。

ということで、難しいパッセージが出てきたら、意識して指を確実なタッチで、息をしっかり吐いて演奏してみましょう。

ルビシュさんのレッスン@南仏での講習会(左は生徒。私ではないですよ)


目次一覧へ
教本一覧へ
ベルギー発子供用教本へ
HP作者紹介へ


0 件のコメント:

コメントを投稿